記事一覧

300万円という状況、デイデイト118238シャンパン文字盤

2020年夏からK18腕時計の上昇トレンドが続いているといえますが、デイデイトの118238については2021年春頃まで、思ったほどの上昇となっていない様子があったといえます。

118238は、2000年に登場したデイデイトのフルーテッドベゼルYGモデルであるのですが、近頃まで「デイデイト36」として現行だった存在。兄弟的モデルとして、スムースベゼルの118208があるのですが、そちらのほうが、K18上昇トレンドに反応していた傾向があります。

K18上昇トレンド前の段階では、118208よりも118238のほうが高値といった傾向があったのですが、K18上昇トレンド後は118208のほうが高い状態。118208は数が少ない傾向があるため、はっきりとした相場は分かりづらいのですが、おおよその感覚として、2021年夏ぐらいまでには300万円近い水準になっていたといえます。

また、この118238の1つ前世代である、18238は2021年6月に190万円台に到達。「高くなった」と感じた2020年11月時点で140万円台だったため、大幅上昇となっていました。

なお、K18上昇トレンド前において、18238は長らく120万円前後という水準。それに対して118238は170万円台だったわけですから、18238が200万円近くなった際、118238に追いつくような状況だったといえます。

そういった前提を考慮して、118238の現在水準を見ると分かりやすいわけですが、どうなっているかというと300万円という状況。2021年3月水準に対して92万円の上昇という値動きとなっているのです。

ロレックスロレックスコピー オイスターパーペチュアル デイデイト 118238メンズ 自動巻き

タイプ 新品 メンズ
型番 118238
機械 自動巻き
材質名 イエローゴールド
文字盤色 シャンパン
ケースサイズ 36.0mm
ブレス内径
【測り方】 約18.5cm
機能 デイデイト表示
付属品 内 外箱
ギャランティー

118238はK18腕時計の上昇トレンドが起こった2020年夏から2021年春頃までにかけて、18238のように、特筆するほど派手な上昇という値動きがなかったといえます。

その反面、2021年⇒2022年では92万円上昇となったわけですから、時間差で18238と同じような値動きが起こったといえます。

【関連記事】:「腕時計」関連の最新 ニュース?レビュー?解説 記事 まとめ

コメント一覧